※これはサンプルページです
  • MENU

特別講演会(サンプル)


《特別講演会》

愛し方はみんな違う。
悔しくても情けなくても
私は愛したい。

劇作家・演出家・女優 渡辺えり 氏

  • 事前申込制
  • 視聴無料
  • 定員500名 ※定員超過の場合は抽選
  • 対象/どなたでもお申込みいただけます
渡辺 えり氏

Profile 渡辺 えり(わたなべ えり)

1955年1月5日生まれ、山形県出身。
1978年から20年間、「劇団3○○(さんじゅうまる)」を主宰。解散後、演劇ユニット「宇宙堂」等を経て、現在は演劇制作集団「オフィス3〇〇」を母体にさらなる自由な表現を求めて意欲作を数々と発表している。
劇作家、演出家、女優として舞台やテレビドラマ、映画等の映像作品など、その活躍分野は幅広く、CD、ライブなどの音楽活動も活発に展開中。また、次世代の演劇空間の創造を目指し、若手の育成にも努めている。このコロナ禍にありながら、8月より9月にかけて、「女々しき力プロジェクト序章」として、新作「さるすべり~コロナノコロ」作・演出・出演、朗読劇「片づけたい女たち」演出、別役実作「消えなさいローラ」演出・出演、客演舞台「ひとよ」主演と4作連続の活動は注目を集めた。2018年より日本劇作家協会会長に就任し、コロナ禍での文化芸術への支援を求める活動などにも精力的に取り組んでいる。

【主な受賞経歴】
・第27回岸田國士戯曲賞—舞台「ゲゲゲのげ 逢魔が時に揺れるブランコ」1983年
・紀伊國屋演劇賞個人賞—舞台「瞼の女 まだ見ぬ海からの手紙」1987年
・報知映画賞助演女優賞
 日本アカデミー賞最優秀助演女優賞—映画「Shall We ダンス?」1996年
他多数

【最近の出演作品】
・舞台「ひとよ」(KAKUTA第29回公演、作・演出:桑原裕子)2020年
・舞台「私の恋人」(オフィス3○○、作・演出:渡辺えり)2019年
・映画「カツベン」(東映、周防正行監督)2019年
・映画「海辺の映画館―キネマの玉手箱」(アスミック・エース、大林宣彦監督)
・TV「あまちゃん」(NHK連続テレビ小説)2013年
他多数

本コンテンツは事前申込制のため、事前にお申込をいただいた方のみ視聴可能となります。
(視聴ページを閲覧いただくには主催者発行のユーザー名(ID)・パスワードが必要です)

※事前申込みをいただいていない方は、視聴ができません。何卒ご了承ください。

講演会視聴の流れ

  • 1
    申し込み
    上記「特別講演会申込フォームへ」より、必要事項を記入のうえ送信ボタンを押します。
  • 2
    視聴可否メールが
    届きます
    11/10(火)までに、申込時に入力いただいたメールアドレスに、視聴の可否(抽選結果)に関するメールが送信されます。
    ※申込者多数の場合は抽選となります。
  • 3
    特別講演会を視聴
    視聴は、公開日【11/13(金)・
    11/14(土)】に下記の「特別講演会視聴ページ」を押し、発行された「ユーザー名(視聴ページ用ID)・パスワード」を入力し視聴ページへ進んだ後、指定された「動画視聴用パスワード」を入力して特別講演会動画を視聴します。

    ※視聴方法は、視聴決定した方にメールでご連絡いたします。
    ※視聴時の通信料等は自己負担となります。

特別講演会の視聴には、主催者より発行された「ユーザー名(視聴ページ用ID)・パスワード」と
「動画視聴用パスワード」が必要です。

視聴期間:令和2年11月13日(金)・11月14日(土)
両日とも9:00~20:00


© 2020 Web版みえ介護フェア2020 事務局